■お買い物するならアマゾンへGo!
ここではPDFの編集ツールをとりあげたいと思います。
PDF編集ツールについて
PDF編集ツールとは、「PDFの内容を編集するツール」を意味します。
最も有名なのはやはりAcrobat(Readerではないです)で、これは「Writer」「変換(Tiffなどにできます)」「編集」のすべての機能を備えています。
機能的にはともかく、価格的には高額な部類ですので、ここでは機能を限定した比較的低価格かFreeのものをご紹介したいと思います。
大きく分けると次の3つに大別されます。
1.文書情報の編集
文書情報はPDF1ファイルに対して
・「タイトル・キーワード」などを付与するもの
・「セキュリティ情報」を付与するもの
・「電子署名」などを付与するもの
などがあります。
 これだけを単機能で提供しているものは少なく複合的に提供されているものが一般です。
2.文書のページ単位の編集
文書のページ単位の編集は
・「分割・結合」などを行うもの
・「回転」などを行うもの(割と少ないです)
などがあります。最も一般的なものですが、ビュアーを備えたものはさすがに少ないです。WYSIWYGはやはり快適です。
3.文書のページ内部の編集
文書のページ内部の編集は
・「アノテーション(注釈)」などを付与するもの
などがあります。
 これはWYSIWIGで行うため自前のビュアーを搭載しているものが殆どです。しかし、これもあってか日本語が生成されたPDFによってはうまく行かないケースが多いです。
ConcatPDF
氏原 一哉さん 【分割・結合・抽出】Free
PDFファイルのページ単位の分割・結合や抽出を行うソフトです。コマンドラインバージョンとGUIバージョンがあり、コマンドラインだと定型処理にも便利です。
Freeなのもうれしい限りですが、下のiTextForntのサブセット風の感じです。
iiTextFront
お勧め 氏原 一哉さん 【分割・結合・抽出・暗号化・透かし】Free
これはPDF変換ツールでもご紹介しましたが、編集ツールも備えた総合的なものです。プレビューみたいなものこそありませんが、ページ編集に関しては一通りのことができます。
分割・結合、抽出、暗号、透かしの追加などが編集機能に相当します。
変換機能としては、イメージファイル、テキストファイルがPDF化できます。
Freeであるのもうれしい限りです。
また開発者向けに.NET用のiText.NETもオープンソースで公開しておられます。
PDFtk
AccessPDF社 【分割・結合・抽出・暗号化・透かし】Free
これも上記同様のPDFツールで、各種の機能を備えています。英文なのと機能はiTextFrontと類似しているのでお勧めとはしていませんが、やはり優れたツールです。これもiTextのJavaライブラリから派生していますので似ているのは当然かもしれません。
Linux版からの移植なのでコマンドラインなのもWinでは使いにくいのですが、ここからGUI版もダウンロードが可能です。
面白いものとして、PDFにファイルをバインドしたり抽出したりする機能が実装されています。
ComPDF
森 秀樹さん 【結合】シェアウェア
PDFファイルからのページ抽出や複数のPDFファイルの結合が可能です。(¥1,155のシェアウェアです。)同じく同氏のSepPDFがあり、こちらは「分割」になっています。面白いのはこのSepPDFを起動することができます。
また同じくComPDFConsoleがあり、これはコマンドラインで起動させることが可能です。外部の一括処理に便利です。
SepPDF
森 秀樹さん 【分割・抽出】Free
上のComPDFの姉妹品にあたるソフトです。このソフトは、複数ページからなるPDFファイルを一度に1ページ1ファイルに分解します。分解したいファイルをドラッグ&ドロップし「ページ分解」ボタンを押すだけの操作です。抽出するページの指定も可能です。上のComPDFからの外部起動も可能です。
RotPDF
森 秀樹さん 【回転】Free
これは非常に珍しいソフトです。例えば(スキャナから作ったPDFなどで)PDFの向きが回転していた場合、これで読む側が適切になるように修正することが可能です。
PDFファイル中の任意のページを90度単位で回転できます。マウス等を用いたウィンドウ操作/コマンドライン操作が可能です。 個人利用はフリーなのもうれしいです。
PDF Editor
Christian Kasslerさん 【編集】シェアウェア
Acrobatにたよらず、見ながら修正できるEditor。¥5,300(以前は¥8,600)とやや高めです。(Acrobatよりは安いですけど)分割・結合というより内部編集が強力でアノテーションが充実しています。 文や注釈の追加、変更(タイプミス の訂正)、削除が可能。通常の画像ファイルや ベクタグラフィックス・ベクタフォントも使用できる。 絵や文章を移動したり 拡大縮小をする事ができる。ワープロ感覚でPDFファイルの編集ができる。AcrobatReaderにたよらない表示は軽くていいですね。(編集はややねっとりしています。また一部は英語でのみ可能な部分があります。)
これもアノテーションというより中に埋め込まれます。体験版では「透かし」が入ります。
Maestro(英語版)
ActivePDF社 【編集・分割・結合・暗号化】シェアウェア
Primoで名高い(?)ActivePDF社のPDF編集ソフトです。海外ソフトなのですが、やってみると日本語も通ります。編集機能はかなり強力で、そこだけならAcrobat相当という感じかもしれません。MDIで結合なども簡単にできます。表示はAcrobatではありませんので高速です。驚くのは価格でなんと$35です。(少し前まで$25でしたが)
アノテーションもできますが、機能的には「メモ」が入るぐらいであまり高くないのが残念です。
JawsPDFEditor(日本語版があります:そう書いてありませんが)
GlobalGraphic社 【編集・分割・結合・暗号化】シェアウェア
こちらは業界では名高い(?)GlobalGrahic社です。これを入れると上(Maestro)と全く同じです。(^^!(ちなみにDocuWorksV6もここのエンジンを使っています。)
ところが2004.11月にVer2.5が発表され、どうもXLSoftさんが日本語化したようで、日本語でインストールすると日本語版になります。凄いのはHlepまで日本語です。(^^)
このあたりから不思議なのですが、XLSoftさんではこの商品は扱っていません。しかしHelpのサポートには出てきます。
どうもMaestroよりこちらがオリジナルのようですが、$45.5(少し前は$39でしたが)と少し高くなります。ActivePDF社は米国のソースネクスト社なのかな?と思うほどですが、Maestoroは英語までで日本語はありません。機能的には大差なさそうなのでMaestroは英語版だけなのかもしれません。日本語化で$10.5を高いと思うかどうかですが、やはり日本語メニューが使えるのは有難いものだと思います。それ以外は一緒と思ってかまわないと思います。
 この手の互換ビュアーはかなりくせがあるのが普通です。例えばUNIXの血筋のGhostScriptで生成されたものや埋め込みフォントがない場合文字化けするのが普通と言いますか、かならずそういう目にあいます。しかし、これは優秀でそういう目にはあまりあいません。PDFはVer1.5までですから最新ではないにしろ殆ど問題にならないと思います。
Acrobatほどではないですが、殆ど困ることが無いぐらいの編集が可能ですし、Webもこれで開くことができるのでAcrobatキラーかもしれません。(Writer機能はCreaterという別ソフトになります。)
唯一惜しいと思うのはアノテーションがメモしかないことです。「テキスト追加・イメージ追加・自由線」があれば完璧でした。というのも「申込書」などがPDFになると必ず欲しくなる機能です。VerUpに期待したいです。
好みにもよりますが、この価格なら納得できると思います。
ePWare・瞬簡ファイリング
クセロ社 【分割・結合・管理】製品
これはファイル管理にジャンルすべきソフトのように思います。価格は¥25,200とやや高めです。(ePWare)しかし、瞬簡ファイリングは¥3,990と低価格です。(機能的には殆ど大差なく見えます。)
この中に「ワークパレット」という部分があり、ここでPDFファイルのページ編集が可能です。しかも(Acrobatを使わない)サムネイルでページを確認しながら分割・結合・回転ができます。ここだけ安く売ってほしいです。(^^!
お勧めショップ情報 ○アマゾンのショップ:品数豊富&中古販売あり
やさしくPDF文字入力
メディアドライブ社 【文字入力編集】製品
これはPDFに文字入力するソフトです。上のPDFEditorと思想は似ています。¥6,800です。想定されているのは例えば申込書などをWebからダンロードした場合に書き込む使い方です。またスキャナから読み込んだものでもできます。
伝票などのPDF出力もできるPro版もあります。
ダウンロード販売も開始された他、文書用のものも発売追加されました。
一見、アノテーション系かと思うのですが、使ってみるとどうも内部的に独自形式(画像?)に変換されて、それにレタッチするような感じです。従って印刷するならいいのでしょうが、再配布する場合には再びPDF変換する必要があります。
<説明文>
このソフトはPDFファイルそのものにテキストを登録・追加するソフトではありません。取り込んだPDFを独自形式に変換して使用するため、元のPDFファイルには何の変更も行いません。
とあります。またProも出ていてちょっと選択が複雑です。
お勧めショップ情報 ○アマゾンのショップ:品数豊富&中古販売あり
いきなりPDFPro
ソースネクスト社 【編集・分割・結合・暗号化】製品
あれ?Writerでは?と思われる人も多いのですが、Proは分割結合ができます。セキュリティを売りにされていますが...。価格も¥2,980とうれしい価格です。
わかりにくいですが、「分割ソフト」「結合ソフト」は別ソフトです。(アンテナハウスさんなんですね、このあたり。)それと暗号化はWriterの設定です。(どうせならこれも別が良かったです。)
PrimoのせいかただのWriterは¥1,980に値下げされました。
これもPrimo+iTextFrontで近いことはできます。(^^!
お勧めショップ情報 ○eBestのパソコンソフトカテゴリー :品数豊富&支払い方法いろいろです。
「パソコンソフト/ビジネスソフト/ユーティリティ/その他ユーティリティ 」にあります。
○アマゾンのショップ:品数豊富&中古販売あり
即錠★(旧:PDFLock)
注目 SoftFarm
【暗号化】Free
これはPDFに暗号化をかけるだけのソフトです。ひたすらシンプルな分使いやすいです。
いきなりPDFProは、印刷する設定でこれを行うようになっていますが、ドキュメントを「送る」「公開したい」場合に限りLockしたい場合は殆どですから、こちらの方が使いやすいように思います。
即錠★になってからは、印刷などの制限もかけられるようになりました。少し操作は増えましたが本格的に使えると思います。
PDFれびゅー(個人向け)
ワイ・エス・エス 【文字(アノテーション)入力編集】シェアウェア
これは珍しくPDFのアノテーションツールです。つまり文字入力や赤入れ・画像挿入などに使えます。すごいのは、自前のビュアーがありそれでWYSIWYGができます。(そんなに高速ではない感じがします。)画面上で編集した後アノテーションで埋め込む構造のようです。価格は¥3,150とお手ごろです。(機能サブセットのFreeもあります。これはアノテーションを追加できますが、「固定」と呼ばれる埋め込みが制限されています。つまり普通のReaderでは表示できません。)
ページ単位の編集では飽き足らない人(つまり内部の編集が必要な人)にはお勧めだと思います。
しかし手持ちのPDFを幾つか投げてみましたが、読めないものが結構あります。GhostScript系は相性が悪いです。(PDFWriterを使う場合はクセロPDFなどで「埋め込みフォント」を使う設定とした方がいいです。同社からもPDFWriterが出ていますのでそれでも良いと思います。)価格も手ごろなだけにやや残念です。
またアノテーションを追加すると言ってもAcrobatのそれではないようで「固定化」するとデータに埋め込まれるようです。従って再編集などはできないので、この点も割り切る必要があると思います。
Acrobat7からはProを買えば、Readerでできるように設定できますが、如何せんProは高いです。
アノテーションを行う場合は良い選択肢だと思います。Freeだけでも入れてみると良いと思います。(相手も入れれば見えることは見えます。)独自ビュアーはさほど高速ではありません。
かんたんPDF編集
インターチャネル 【文字(アノテーション)入力編集】シェアウェア
これまた珍しいPDFのアノテーションツールです。というか4本のソフトがセットになったものです。開発元はPDFでは老舗のクセロさんです。販売がインターチャネルとなっています。価格はダウンロード版で¥3,402とまあまあです。(キャンペーンとありましたが。)
1.PDFWriter(クセロPDF相当)
 中身はクセロPDFです。ただフォルダが「C:¥かんたんPDF編集」となります。相変わらず常駐するのとC:のルートに作ってくれます。(TT)
2.一括PDF変換
 いきなりPDFなどにもあったような感じです。Freeではここでも紹介している「まるごとPDF」が近いです。ドキュメントを放り込んで一括でPDF変換します。
3.分割・結合・セキュリティ
 ワークパレットのUIを期待したのですが、そっけないファイル名のUIでした。(TT)つまり即分結☆のような感じです。何かサムネイルを見ながらやる感じですのでAcrobatReader7など+エクスプローラで使うと良いと思います。
4.アノテーション
 これが白眉です。GUIで操作できます。(^^)文字入力や赤入れ・画像挿入などに使えます。ページ単位の編集では飽き足らない人(つまり内部の編集が必要な人)にはお勧めだと思います。(但し、UIというか操作はあまり良くないです。直感的ではないというか、少しやりにくい感じがします。)
手持ちのPDFを幾つか投げてみましたが、読めないものはあまりありませんでした。(ないわけではないです。)日本語なども安定してそうな印象です。
申込書などでこういうニーズは増えるか?と思いましたが、案外そうでもないようです。まあ書くほうもツールが必要ですし、処理する方もPDFだとかなりやっかいです。
ただ赤入れなどの校正には使えるように思います。ビュアーはわりと高速です。
お勧めショップ情報 ○アマゾンのショップ:品数豊富&中古販売あり
いきなり PDF Edit
お勧め ソースネクスト 【文字(アノテーション)入力編集】製品
漸くAcrobat対抗が出てきました。名前で想像がつきますが、ソースネクストさんの製品です。「編集」とするとさすがに似通いますので「Edit」とされたのでしょうか?
これにはPDFWriterも入っていまして、「いきなりPDF(Pro)(2)」の上位にあたります。価格の方は、さすがに少し高く¥6,980です。(キャンペーンで¥4,180で入手しました。)
「分割・結合」「トリミング」「アノテーション」「添付」「しおり」「電子署名」まで入っていて殆どAcrobatライクな感じがします。また操作性や速度も良好です。
Jawsなどと同じような系列の製品ですが、アノテーションはこちらの方が上ですし、スタンプなども自分で作ることが可能です。ニュアンスコミニケーションズ社よりのOEMのようです。
1.PDFWriter
 いきなりPDFPro(これはアンテナハウスさんのOEM)かと思いましたが、DocuComPDFという仮想プリンタになります。自前だと思います。
2.一括PDF変換
 DocuComのPDFDirectなるものが入っています。上と同じく「まるごとPDF」が近いです。ドキュメントを放り込んで一括でPDF変換します。
3.編集機能
 Acrobatと非常に良く似ています。また機能的にも殆どのものが網羅されていると言っても良く、この手のソフトとしてはJawsに並ぶような感じがします。Jawsは日本語はいいのですが、結局外国からの購入になりますし、アノテーションが弱いので、今となってはこれを「お勧め」にしました。
安いか?といわれると微妙ですが、Acrobatよりは遥かに安いです。ただソースネクストさんはVerUpサービスがないので、そのあたりも割り切りが必要かもしれません。
お勧めショップ情報 ○アマゾンのショップ:品数豊富&中古販売あり
書けまっせ!! PDF 
アンテナハウス 【文字(アノテーション)入力編集】製品
これも文字入力ソフトです。ソースネクストさんから出るのはこれではないかと思いましたが見事にはずれました。(^^!
記事を読むと...

元のPDFにはいっさい手を加えないので、表示可能なPDF書類であれば自由に入力して利用することができます。 入力した文字や図形は、そのまま元のPDFと一緒にプリントアウトできます。

データは編集ファイルに保存して、何度でも呼び出し再編集が可能です。
PDFとして保存できます。

とあり、PDFの上にPDFを合成するような感じのもののようです。直接原本を修正するわけではないようです。まあ直接やるにしても複製をとっておけば大丈夫ですが。
雰囲気としてはPDFれびゅーに似たような印象があります。
最後に価格ですが、¥7、980です。
お勧めショップ情報 ○アマゾンのショップ:品数豊富&中古販売あり
即編(AC)☆PDF
お勧め SoftFam 【編集・分割・結合】シェアウェア
これはPDFをページ単位で編集するソフトです。。ビュアーは、高速になったAcrobat(Reader)7を使用しています。それ以外は殆ど同じでひたすら軽快に動作するようにしています。
PDFは複雑なためにサムネイル生成するともったりしますが、これはサムネイルを捨ててページ単位切り替えで編集します。ひたすら軽快に動作するようにしています。なかなかビジブルに編集するソフトにお目にかかれませんが、数少ない1つです。特に「しおり」が(ページ単位とは言え)できるのは滅多にないと思います。
ページ単位の編集ですと「タイトル」や「セキュリティ」など一通り可能です。
これは¥1,281となっています。
即分結☆PDF
お勧め SoftFam 【分割・結合・回転】シェアウェア
これもPDFをページ単位で分割・結合するソフトで、DragDropで操作します。
Acrobat(Reader)7やDocuWorksV6などからはPDFのサムネイルが表示できるようになっています。これらと組み合わせることで、ビジブルに分割・結合を行うことが可能になります。
ページ単位の編集ですと「しおり」はできませんが「タイトル」や「セキュリティ」など一通り可能です。
ScanSnapを購入するとAcrobatでもStandardがついてきますが、それも持っていない場合などには重宝すると思います。単独販売で¥693となっています。
pdfStamp
O.Ishikawa 【アノテーション】シェアウェア
これはPDFにヘッダ・フッタや透かし(テキスト/画像)を追加するソフトウェアです。
以下のことが可能です。
文字透かしの追加(「社外秘」「サンプル」など)
画像透かしの追加(ユーザの作成した画像を透かしとして利用可)(BMP/JPEG/PNGに対応)
透かしの位置/色/濃度を指定可能
ヘッダ/フッタとしてページ番号/日付・時刻/カスタムテキストを追加
ヘッダ/フッタの位置/色を指定可能
価格は¥1,000です。未登録時は表記が入ります。
PDF Knife
MADIAさん 【分割・抽出】Free
PDFファイルをページごとに分解/抽出するツールです。 「分解・抽出」と言っても、微妙に分かりにくいので、簡単な例を記述しておきます。
たとえば、PDFファイルから
・2ページ〜30ページを抽出してひとつのPDFファイルを作成する
・2ページ〜30ページを分解してページごとにPDFファイルを作成する
・全てのページを分解してページごとにPDFファイルを作成する
などと言ったようなことが出来ます。
PDFPDFPDF.COM
MADIAさん 【結合】Free
複数のPDFファイルをひとつのファイルに結合するツールです。
機能的には結合順序の自由指定やしおりの自動生成などが行えます。
(1) 暗号化されたPDFファイルには対応していません。
(2) しおりの自動生成では結合するファイル名をしおりのタイトルと致します。
(3) 結合するとインタラクティブな属性は失われます。
(4) Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。
PDF DeletePage
MADIAさん 【削除】Free
PDFファイルから任意のページを削除するツールです。
PDFファイルを分解・結合するソフトなどと併用するとより便利です。
(1) 暗号化されたPDFファイルには対応していません。
(2) 任意のページを削除するとインタラクティブな属性も失われます。
(3) Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。
PDF RotatePage
MADIAさん 【回転】Free
PDFファイルのページを回転(90/180/270度)させるツールです。
スキャナなどで読み取ったデータを見やすい角度に変更したい場合などに有効です。
(1)PDFファイルのセキュリティ属性 (暗号化) が「はい」になっている場合は
暗号化技術の「特許と輸出規制」のため対応することができません。
(2)Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。
PDF OutlineMaker
MADIAさん 【しおり編集】Free
PDFファイルに「しおり」を追加・設定するツールです。
しおりは「WYSIWYG形式」で設定すること出来ますので非常に使いやすいです。
<主要機能 >
しおり : ページごとに設定
階層レベル : 1-3レベルまで
タイトル : 任意の文字列
文字装飾 : 表示色・太字・斜体
(1) 暗号化されたPDFファイルには対応していません。
(2) 先頭のしおりの階層レベルは変更できません。(PDFの仕様)
(3) Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。
PDF InfoMaker
MADIAさん 【文書情報編集】Free
PDFファイルの文書情報(タイトル、キーワード、作成者、作成日時など)と表示オプションを設定・変更するツールです。
(1)PDFファイルのセキュリティ属性 (暗号化) が「はい」になっている場合は暗号化技術の「特許と輸出規制」のため対応することができません。
(2)Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。
まるごとPDF
注目 Kitamuraさん 【一括結合】Free
このソフトはPDFWriter(「PrimoPDF」,「即刷★PDF」,「クセロPDF」)で複数の文書ファイルを一括自動でPDFファイルに変換するソフトです。自動でPDFファイル名に変換元ファイル名を入力し、保存ボタンを押す動作を行うため、手間要らずで作成が可能です。
また、前述のiTextFrontを組み合わせると複数の文書ファイルを1つのPDFファイルにまとめることもできます。(自分ではこれを良く使います。)
 作者のKitamuraさんは当方の「即刷★PDF」,をとりあげていただいたり、いろいろメールをいただいたりとてもお世話になりました。このソフトもかなり便利です。
 PDFWriterというよりその活用ツールということで「編集」に入れました。
 PDF編集ツールは大別すると
・文書情報
 セキュリティ関係は良く使われます。
・ページ単位編集
 分割・結合・回転などがあると異種ドキュメント(例えばWordとExclelで作成したもの)を束ねることが可能ですので非常に重宝します。
・内部編集
 PDFは「電子の紙」ですが書き込みしたいような用途(申込書など)には最適です。印刷&手書きの手間が省けます。また情報漏えいも問題化していますのでその対応がはかられています。

 ここでの観点では「分割・結合・セキュリティ」を備えて、かつFreeということでiTextFrontをお勧めにしました。
補足)同様に「いきなりPDFPro」でも同様の機能があります(そういうソフトがついています)。
 JawsPDFEditorは(書いてありませんが)日本語メニューもあり、機能の割には低価格で、Acrobatに近い編集機能を持つことでいいのですが、購入が外国になったりします。ソースネクストさんのいきなりPDF EditはこれまたAcrobatライクな編集機能・日本での販売・PDFWriter付ということでこちらをお勧めにしました。

<ページ単位で編集するなら>
 しかし、ページが少ないうちはいいのですが、少し増えるとWYSIWYGでないのは、かなり使いづらいものです。そこでシェアウェアですがビジブルに編集できる即編☆(AC)もお勧めとしました。また最近ではエクスプローラやDocuWorksでもPDFサムネイルが出ますので即分結☆もお勧めとしました。これらはページの「タイトル」や「セキュリティ」なども設定できます。
補足)同様に「瞬簡ファイリング」でもワークパレットという機能があります。

<ページ内部を編集するなら>
PDFはいくら「電子の紙」とは言え、「赤入れ」や「(申し込みの)書き込み(ありそうで実際はないです。お互い面倒だからでしょう。)」「イメージ貼付」などは行いたいものです。(これらは「注釈=アノテーション」などと呼ばれます。)アノテーションという意味ではいきなりPDF Editが良い選択肢だと思います。(日本語やPDFの安定性でこちらにしました。)。
補足)同様に「かんたんPDF編集」でも可能ですが、操作性がやや悪い部分があります。

<その他>
・MADIAさんの方からも沢山のツールが発表されています。単機能ながら使いやすいと思います。セットではこれも捨てがたい選択です。
・新作ではまるごとPDFは、異種ドキュメントをそのまま1PDFにできますのでお勧めです。これを使えば1回の印刷でWord+Excel+PPTと言った芸当が可能になります。しかも嬉しいFreeというので注目です。
即錠★(旧:PDFLock)は複雑化していない分、単機能でシンプルです。(このパターンが多いですが)。少し機能があがりましたので注目株です。(^^!