簡刷★File FreeWare!! 
Ver0.15 WinVista・WinXp・Win2K・WinMe・Win98
■本ソフトは、指定のプリンタで指定のファイルを印刷するソフトです。
本ソフトは指定のプリンタで指定のファイルを印刷するという至ってシンプルなものす。
少しこの手を探してみましたが、なかなか見当たらなかったので作ってみました。
起動方法は2通りをサポートしています。
1.コマンドライン
 コマンドラインよりファイルを引数で渡すと、それを関連付けされたアプリで印刷して終了します。
2.Drag&Drop
 ファイルをDropしますと、それを関連付けされたアプリで印刷します。(終了はしません。)
 想定したのは、主にPDFWriterへの出力です。プリンタにPDFWriterを指定することで各種変換が楽にできます。
【履歴】
・Ver0.15:AcrobatReder8&Vista対応
・Ver0.14:シリーズアイコンに変更
・Ver0.13:動作しないPDFWriterに対応するように変更
・Ver0.12:名称変更し、プリンタを選択・記憶するように変更
・Ver0.11:D&Dを実装
・Ver0.10:初版登録
■特徴
・設定はプリンタを選ぶだけというシンプルなものです。
・Drag&Drop・コマンドラインなどの起動が可能で、簡単に指定プリンタ印刷することができます。
特にPDF変換を行う際には便利だと思います。
■準備(?)
当然ですが、何かプリンタが必要になります。普通のプリンタでもかまいませんが、PDFWriterなどがお勧めです。
これらはFreeのものでも何でもかまいません。
お勧めなのはクセロさんのような「指定フォルダに格納する」ものを備えていた方がスマートです。でないと、いちいち保存ダイアログなどが立ち上がってきます。Freeで名高いPrimoもそうなってしまいますが、これは別に少し対応をやっています。クセロさんのはいいのですが、Free版は印刷の都度HPを開きます。






■説明
左がスクリーンショットです。
設定はここで出力したいプリンタを選んでOKを押せば終わりです。
これは単独で立ち上げた場合に出ますが、引数がある場合は印刷して自動終了します。
以降で処理されるのは「(ファイルに)関連付けされたアプリケーション」で「(ここで)指定したプリンタ」で印刷いたします。

■使い方
このままでも使えますが、以下のようにしておくと便利です。
1.「送る」にショートカットを作る
 こうしておくと、エクスプローラでファイルを指定して「送る」とやれば、PDFを生成することができます。
2.「簡起」に登録する
 このサイトにある「簡起」というランチャーに登録すると上と同じ動作をします。Filesのタブに登録してください。これで「送る」相当で動作します。
3.DocuWorksで使う(その1)
 DocuWorksDeskには外部アプリケーションに引数を渡してラウンチできる機能があります。
登録の仕方は
・メニューより「プラグン−設定」を選ぶ
・外部コマンドの実行を追加
 実行モジュールのパスに簡起★を指定
 作業ディレクトリは簡起★のディレクトリ
 選択文書を受け渡すにチェックする(3番目のショット)
 ファイル名を”で囲んでをチェックを忘れずに。
 これでDocuWorks文書をボタン1つでPDF変換できます。(OCRにこだわらないならこれでも十分です。)
4.DocuWorksで使う(その2)
 このサイトにある「直起★」というランチャーに登録すると上と同じ動作をします。
(4番目のショット)
5.D&D使う
 引数なし(DocuWorksの場合だと選択ファイルなし)で立ち上げるとD&Dで印刷(PDF生成)できます。

■開発背景
 これはPDFライター用に開発したものです。というのも「印刷」というのは確かに汎用性があるという意味では便利なのですが、いちいちアプリを立ち上げたりしなくてはならず、ちょっと面倒です。そこで、仮想プリンタに投げるものを作りかけていました。
 そうこうしていると、DocuWorksのMLの方から「(直結★して)プリンタですぐに印刷」というお話がありました。
 プリンタ選択の部分を除いてはできていたので、一応それをアップしましたが、その後プリンタ選択もめでたく完成してここで発表することになりました。
 この程度のものはゴロゴロしているだろうと思っていましたが、探してみるとなかなか見つかりません。あるとかなり便利なんですけど。
 実際にはエクスプローラでも使いますたが、DocuWorksの中からも使います。というのもDocuWorksは内部的な管理には最適なのですが、送付するとなるとやはり(認知度などから)PDFに分があります。今までは「ファイルを選んで印刷」で変換していましたが、これだと1発で変換可能です。また、検索用のテキスト情報も埋め込まれます。
 問題なのはImageXdwでして、これにOCRをかけたとしてもPDF変換したら消えてしまいます。(TT)
 これに関しては別の記事で述べますが、数社からDocuWorksのPDF変換PlugInも出ています。これらはたいていOCR結果もPDFに埋め込みますが、なぜか位置情報を正しく埋め込むものにはお目にかかれませんでした。それだと、似たことがFreeのPDFWriterでもできる昨今では高いように感じて作ってみました。
 例えばPrimoなどと組み合わせれば、DocuWorksからボタン1つでPDFができますし、殆ど似たような動作をさせることが可能です。
■Tips
DocuWorksなどですと、印刷するのがDocuWorks文書だけですので、あまり問題が発生することはないのですが、「送る」などで投げてもPDFが出来ないことがあります。
これはAPIとして”printto”を使うことに起因しています。
例えば”txt”をPDFにしたい場合にうまくいかないことがあると思います。
ここではそれを対応させる方法をご紹介します。
ここでは「秀丸」で”txt”をPDF化してしまう設定です。
<手順>
@エクスプローラを開き「ツール」「フォルダオプション」を開きます。
A次にファイルの種類のタブを開きます。拡張子で”txt”を選んでください。
Bそこで「詳細設定」を押すと「アクション」で一覧を見ます。
”printoto”がありませんね。これが原因です。
C「新規」のボタンを押して左を参照して読み替えながら設定してください。
このあたりはprintと似ていますのでそれを入れればOKです。
D「OK」を押せば登録されます。
これで”txt”もめでたくPDFにすることができます。
後は各自で応用してください。
その他
 繰り返しになりますが、本ソフトは起動方法と組み合わせると効果絶大です。このサイトでは
・エクスプローラ:簡起★を提供しています
・DocuWorks:直起★を提供しています。
是非、簡刷★ともどもご利用ください。
サポートはメールのみです member@softfarm.net